PERSON

2019年入社

相馬 宏紀

タクシー乗務員

グループ通話を使い、リアルタイムで情報交換。切磋琢磨しながら乗務の腕を磨いていきたいです。

初めて日本交通に来たときは、オフィスや人を含めて「こんなに明るい会社あるんだ」と驚いたのが第一印象です。特に若手の人事の方に、活力があると感じました。運転が好きだったこともあり、好きなことを仕事にしたい!と入社を決意しました。
現在は遅番というシフトで、昼の15時~翌日の朝10時までという時間で働いています。最初は慣れませんでしたが、だいたい3か月くらい経つとこの時間で働くことに慣れてきました。運転については不安はなかったのですが、道が分からないところには苦戦しました。同期がとても仲が良く、運転中は通話アプリでグループ通話を繋ぎ、ワイヤレスイヤホンで聞きながら走っています。「今この辺を走っているけど人が多いよ」「今日はここに行ってみるよ」など、リアルタイムで情報交換をしながら業務にあたることで、自分だけで乗務するより多くの情報を得ることができています。入社以来私も同期も月収がどんどん上がっています。切磋琢磨できる環境と、頑張ったら頑張っただけ給与に繋がるのが嬉しいポイントです。また、お客様にも喜んでもらえる仕事です。羽田から成田へ向かう外国人のお客様をお乗せした際は、無事飛行機に間に合う時間に送り届けられて、とても喜んで下さり握手を求められました。これから海外のお客様も増えると思いますが、英語ができなくてもこんな形で外国の方と関われるのは嬉しいです。今後は、観光タクシーを担当できるよう、東京シティガイド検定合格を目指していきたいと考えています。

社員一覧へ戻る
PAGE TOP