PERSON

2018年入社

星 健太郎

タクシー乗務員

いずれは経営に近い立場で、新しいサービス・価値を考えてタクシーの可能性を広げたい。

大学のゼミ研究のテーマは「シェアリング」でした。新しい移動手段、交通インフラとしてのシェアリングに興味があり、将来的に新しいビジネスモデルに携われそうな会社で働きたいと思っていました。
日本交通もその1社でした。観光、キッズ等のEDSもそうですが、タクシーを乗りたいお客様とお客様を乗せたいタクシーをつなぐ「配車アプリ」は画期的なシステムで、こういう仕組みを作れる会社で働いてみたいと思いました。入社の決め手となったのは、“人”ですね。人事のみなさんの人柄も良かったし、同期の仲間もみんな気さくで仲良くできそうだなと。タクシーは1人仕事なので孤独に思われがちですが、日本交通の場合、乗務員同士の絆は強く、教わったり教えたり、助けられたり助けたり、刺激し合ったり競い合ったり…そんな関係性を通じて成長できる環境なんです。
最初は見えなくても、経験を重ねるごとにいろいろなことが見えてくる。例えば、手を挙げていなくても乗車しそうなお客様の動きとか、お客様の表情や仕草で何を求めていらっしゃるか、とか。いろいろな先読みができるようになれば、この仕事はより面白くなると思いますよ。
現場をしっかり経験して、将来的には経営に近いポジションで仕事ができればいいですね。新しいビジネスモデルとなるような新しいサービスや価値を企画して、タクシーの可能性を広げていきたい。もっとたくさんの人がタクシーを利用できる仕組みを作りたいと思っています。

社員一覧へ戻る
PAGE TOP