PERSON

2018年入社

林 真里奈

タクシー乗務員

女性が働きやすいということを、もっとみんなに知ってほしいですね。

学生時代、自分には何の仕事が向いているのか考えたときに、出てきた答えは日本交通のタクシードライバーでした。理由はいくつかあります。一つ目は、運転が好きだったのでそもそもドライバーの仕事に興味があったこと。二つ目は、人と関わるのが好きなので接客を楽しめると思ったから。そして三つ目は、日本交通ならではのEDS(エキスパート・ドライバー・サービス)という、一般ドライバーでは終わらないキャリアが用意されていることでした。
私自身が竹を割ったような性格だったため、男性の多い職場に抵抗はありませんでしたが、いざ働くことが決まると最初はそれなりに緊張しました(笑)。しかし、実際に働いてみると「女性だから働きやすい」と思うシーンは意外にも多かったのです。例えば男性のお客様をお乗せしたとき。「若い女性のドライバーって珍しいね」なんて声を掛けられることも多く、それをきっかけに会話の輪は広がっていきます。そのため、会話に困ることはほぼないですね。また、女性のお客様からは「ドライバーさんが女の子だと安心する」なんて言われることも珍しくありません。タクシー=男性の仕事、というイメージを持っている方も多いかもしれませんが、私は女性の方が働きやすい部分が多いと思います。これからは、どんどん女性ドライバーが増えていってくれたら嬉しいですね。

社員一覧へ戻る
PAGE TOP